ブログ

小説「朱鷺伝説」(第4回)

2017年4月11日ニュース

 雄太はその夜、夢のなかで不思議な体験をした。雄太の体が90年前の大正時代にタイムスリップしたのだ。時は大正8年1月14日の夜。雄太はお椀をひっくり返したような形をした雪の家にいた。ホンヤラドウだ。床には何枚もむしろが敷かれ中央には火鉢が置かれている。
 ホンヤラドウのなかには5、6人の子供たちが火鉢を囲んで暖を取っている。火鉢に敷かれた金網には狐色に焼けた餅が並んでいる。子供たちは大きな声で鳥追い歌の練習をしている。
 鳥追いだ 鳥追いだ だんなショの鳥追いだ
 どごからどごまで追っていった
 信濃の国から佐渡が島まで追っていった  
 何でもって追っていった
 柴の棒で追っていった     
 いっちにっくい鳥は ドウとサンギと小雀
 みんな立ちあがれ ホーイ ホーイ

 あの鳥ャどっから追ってきた
 信濃の国から追ってきた
 何もって追ってきた
 柴抜いて追ってきた
 一番鳥も二番鳥も飛立(たち)やがれ ホーイ ホーイ
 ホンヤラ ホンヤラ ホーイ ホーイ

「雄太君、甘酒よ。体が温まるわよ」
 赤い半纏を着た雪絵が甘酒の入った湯呑を雄太に渡した。
「ありがとう、雪絵ちゃん。いただきます」
 湯呑を両手で受け取った雄太は冷たくなった手を温めた後、湯呑を口に付けて甘酒を飲み始めた。
「温かい!甘くて美味しいね」
「雄太君、餅が焼けたわよ。まだ熱いから気をつけて食べてね」
 雪絵がこんがりと狐色に焼けた餅を皿に入れて雄太に渡した。餅から出た香ばしい匂いに雄太の鼻がひくひくと動いた。
「いい匂いがするよ。雪絵ちゃん、ありがとう」
(作:橘 左京)

posted by 地域政党 日本新生 管理者

小説「朱鷺伝説」(第3回)

2017年4月9日ニュース

「昔の日本に普通に見られた朱鷺がどうして今はいなくなったの?」
「朱鷺が日本から絶滅した理由は2つあるよ。一つは朱鷺の食べ物が少なくなったことだ。朱鷺は水辺や湿地を生活の場所にしている鳥だ。朱鷺の食べ物はドジョウ、サワガニ、カエル、タニシ、昆虫などで、もっぱら動物性のエサを食べているんだ。昔は、田んぼに朱鷺のエサになる生き物がたくさん生息していたけれども、その田んぼが住宅団地や工業団地として開発されたため、エサ場が急速に減ってしまったんだ。それと農家の人が稲の成長を妨げる雑草や害虫を駆除するために、農薬を使うようになってからは、朱鷺が食べる小動物が田んぼから姿を消してしまったんだ」

「来週、稲刈りをする学校の田んぼにはイナゴがたくさん飛んでいるよ。それに5月に田植えをした時はドジョウやタニシをいっぱい見つけたよ」
「農薬をほとんど使わない学校の田んぼには、小さな動物が生きていける環境が、まだ残っているからさ。最近になって、農家の人がこれまで使っていた農薬が人間の健康や環境に悪い影響を与えることが分かってきたので、農薬の使用が厳しく規制されるようになったんだ。そのため、農薬がまだ田んぼで使われていなかった頃にいた小動物が、少しずつ見られるようになったんだ。佐渡島では野生の朱鷺が安心してエサを捕れる環境を作ろうと、農家の人たちが田んぼで農薬を使わない取り決めをしたそうだよ」

 父の話はまだまだ続いた。
「雄太は鳥追い歌って知っているかい?」
「知っているよ。小正月の前日、1月14日に行われる鳥追いの時に、豊作になるようにと田んぼで悪さをする鳥を追い払うために歌われる歌でしょう。学校の先生が教えてくれたよ。それに鳥追いが今でも行われている地域から通っている友達もいるよ」
「そうだね。昔は朱鷺や鷺、それに雀は農家にとっては悪い鳥だったんだ。朱鷺や鷺は水田にいる水生動物を捕る時に、植えたばかりの若い稲の苗を踏み荒らすんだ。時には柔らかい苗を食べることもあったんだ。稲刈りが始まると、今度は雀の大群が田んぼにやってきて稲穂に付いた籾を採って食べてしまうんだ。毎年、小正月に行われる鳥追いは、農家の人たちが稲の生育を妨げる朱鷺や鷺、稲穂を食べ散らかす雀を田んぼから追い払って豊作になるようにと願って行われる行事だったんだ」

「農家にとっては悪い鳥の鷺や雀は今でも田んぼにいるよ。どうして朱鷺だけが田んぼからいなくなったの?」
「さっき、お父さんが日本から朱鷺がいなくなった理由が二つあるって言っただろう。一つは田んぼの開発と農薬の使用だ。もう一つの理由は朱鷺の乱獲だよ。昔は装飾用や食用として朱鷺が捕獲されていたんだ。朱鷺の羽の色は全体で見ると白だけど、翼を広げた時に見える風切羽や尾羽は薄桃色になっている。この色は朱鷺色と呼ばれているよ。朱鷺の羽は装飾品を作る時に使われ、朱鷺の肉は薬膳料理として使われていたそうだ」
 雄太は朱鷺色になった翼を羽ばたかせて空を舞っている10羽の朱鷺の姿を思い出した。
(作:橘 左京)

posted by 地域政党 日本新生 管理者

小説「朱鷺伝説」(第2回)

2017年4月7日ニュース

「いただきます」雄太の家では、家族で夕ご飯の食卓を囲んでいた。
「お父さん。今日ね。佐渡島で10羽の朱鷺が外に放されたって、夕方のニュースに出ていたよ」
 雄太は仕事から帰って来た父に向かって言った。
「そうだね。お父さんも職場のテレビで朱鷺が放鳥されたニュースを見ていたよ」
 雄太の父は動物園に務めている。
「お父さん、放鳥された10羽は中国産の朱鷺を繁殖させて増やした朱鷺だってニュースで言ってたけど、どういう意味?」
「朱鷺の学名はニッポニア・ニッポンと言うんだけれど、昔は日本の東北地方や日本海側に生息していたごくありふれた野鳥だったんだ。お父さんは野生の朱鷺は見たことがないけれど、お父さんのお爺さん、雄太のひいじじが子供の頃には田んぼや小川で朱鷺が普通に見られたそうだよ」
「ひいじじが田んぼや川にいる朱鷺の姿を見たのは随分と昔のことでしょう?」
「そうだね。100年くらい前の明治から大正時代のことだね」父の話は続いた。
「昔は日本の各地に生息していた朱鷺だけれども、乱獲や開発によって数が減ってしまったんだ。昭和58年に佐渡島に残っていた日本産の5羽の朱鷺が捕獲されて人工繁殖で増やそうとしたけれどもうまくいかなかったんだ。平成15年には最後に残ったメスの「キン」が死んで日本産の朱鷺は絶滅してしまったんだ。そこで中国から贈られた朱鷺を人工繁殖させて増やすことにしたんだ。朱鷺保護センターで飼育している朱鷺が増えてきたことから、朱鷺が野生でも生きていけるようにと訓練した10羽を、今日、初めて自然界に放したんだよ」
(作:橘 左京)

【編集部からのお知らせ】
 小説「視線」(PDF)を「ライブラリー」の「文芸」コーナーにアップしました。
 ➡こちら

posted by 地域政党 日本新生 管理者

小説「朱鷺伝説」(第1回)

2017年4月5日ニュース

 鳥追いだ 鳥追いだ だんなショの鳥追いだ
 どごからどごまで追っていった
 信濃の国から佐渡が島まで追っていった  
 何でもって追っていった
 柴の棒で追っていった     
 いっちにっくい鳥は ドウとサンギと小雀
 みんな立ちあがれ ホーイ ホーイ

 あの鳥ャどっから追ってきた
 信濃の国から追ってきた
 何もって追ってきた
 柴抜いて追ってきた
 一番鳥も二番鳥も飛立(たち)やがれ ホーイ ホーイ
 ホンヤラ ホンヤラ ホーイ ホーイ
             (鳥追い歌)

 この地域では小正月にあたる1月14日の夜から15日の早朝にかけて鳥追い行事が行われる。町内ごとにホンヤラドウとよばれる、お椀をひっくり返したような形の雪の家がつくられる。14日の夜に子どもたちはホンヤラドウのなかに持ち込まれたストーブやこたつで暖をとり、ごちそうを食べながら夜更けまで遊ぶ。頃合いをみて外に出た子供たちは隊列を組んだ後、拍子木(ひょうしぎ)を打ち鳴らしながら鳥追い歌を歌って町内を回る。鳥追い歌は農作物を食べ荒らす害鳥を畑や田んぼから追い払って豊作になるようにと願って歌われる。昔は畑や田んぼでとれる作物の量が今よりも少なかったので、鳥に作物を食べられるというのは農家にとっては大きな心配ごとだった。昔に比べて鳥追い歌はあまり歌われなくなったが、ホンヤラドウの遊びだけは今でも子どもたちの冬の楽しみとして残っている。

 平成20年9月25日。新潟県の佐渡島にある朱鷺保護センター近くの水田から10羽の朱鷺が放鳥された。小学校3年生の雄太は夕方、妹の弥生とテレビのニュースを見ていた。アナウンサーが朱鷺の放鳥を伝えた。 
「朱鷺にとって野生の第一歩が始まりました。今日、国の特別天然記念物朱鷺の試験放鳥が佐渡島で行われました。中国産のつがいを使って人工繁殖されたオス、メス5羽ずつの10羽が放鳥されました。乱獲と開発で絶滅した朱鷺が野生に戻るのは27年ぶりです。午前10時半過ぎ、朱鷺保護センター近くの水田に設けられた式典会場で、臨席した秋篠宮ご夫妻はじめ、島内で朱鷺の保護活動に携わった人たちや地元小学生らがテープを切ると、10個の木箱のふたが開いて最初に2羽がその後8羽が空へと飛び立っていきました。 10羽の朱鷺は、たくさんの人たちの歓声に包まれながら優雅に空を舞った後、思い思いの場所に飛んでいきました。放鳥された10羽には標識となる足輪がつけられています。今後、専門家による調査・追跡チームが放鳥された朱鷺の行動を調べることになっています」
 雄太は、太陽の光を受けて薄桃色になった翼を羽ばたかせて飛んでいく朱鷺の姿を食い入るように見ていた。
(作:橘 左京)

posted by 地域政党 日本新生 管理者

小説「視線」(第27回)

2017年4月3日ニュース

 男は茫然として立ちすくんだ。50年前に亡くなった長兄が警察に連絡するなんてあり得ない事だ。もしかして妻が警察に連絡したのだろうか。いや、そんなはずはない。私がミニトマトのプランターから真っ白なICカードを拾ったことや、そのカードを2階の自室に保管していることは、妻にも内緒にしている。このことを知っているのは私以外にいないはずだが……。
 刑事が男の家に来てから1週間後、近所のコンビニ店のATMから現金を不正に引き出した山し子と出し子に指示を与えていた暴力団組員が逮捕された。また、他の店舗のATMでも、不正引き出しに関わった出し子と背後にいる暴力団組員が逮捕された。警察では、現在、偽造カードの入所ルートの解明に向けて捜査を続けているという。

 ある日のこと。男はいつものように2階の自室に籠って、今度の土曜日に雄太と作る乗り物の試作品作りに取り組んでいた。男の器用な手さばきで机の上に広げた厚紙から、乗り物のパーツが次から次へと切り取られていく。男は時折、疲れた首を持ち上げると、写真立てに入った1枚の写真と向き合う。色あせた写真には、神社の境内に据えられた神輿の前で、男と亡くなった長兄の勇一、次兄の健二の3人が法被姿で立っている。男は勇一に向かって呟いた。
「偽造カードのことを警察に知らせたのは、勇一兄さんかい?」

 男は勇一に促されるように、パソコンのスイッチを入れて電子メールの受信一覧を確認した。野上勇一名義のメールを見つけた男は真っ青になった。男は早速、そのメールを開けた。

 野上 徹 様
 徹。私はお前の兄、勇一だ。元気で暮らしているようだな。会社を定年退職してからは、孫の雄太と乗り物の工作をしながら、第2の人生を楽しんでいるようだな。私の方は、お前と違って14歳で人生を閉じてしまった。あの日の事故以来、私は自分の残りの人生をお前と共に歩むことにした。事故で私の肉体は消滅したが、私の魂は今でも存在し続けている。お前には感じないかも知れないが、私の魂はお前の体の周辺を漂っている。
 時折、お前の体を借りて私の欲望を満たすこともあるが……。この前は雄太の体を借りて、近所の自販機でアイスクリームを買って食べた。その日は朝から暑い日だったので、冷たいアイスは本当に美味しかった。言っておくが、ちゃんとお金を払って買っているので、自販機荒らしではないぞ。アイスクリームを買った時にお守りを落としてしまった。お前と健二と私とで秋祭りに参加した時に神社からもらったお守りだ。
 ところで、コンビニのATMから現金を不正に引き出した事件で、物証になる白いカードをお前が持っていることを警察に通報したのは私だ。犯人と思われる人物が、お前が大切に育てているミニトマトのプランターに真っ白なICカードを落としたのを、私は防犯カメラを通して見ていたよ。翌朝、お前がそのカードを拾って、2階の部屋の本棚に保管していたのも知っている。
 さっきも言ったように、私には肉体はないが魂は残っている。実家の仏壇には私の命日になるとお菓子が供えられるが、死んだときは子供だったが、今は数えで65歳になった。酒を飲みたくなる時だってあるさ。明日は私の命日だ。3人が写っている秋祭りの写真立ての前に、冷えた缶ビールを供えてくれ。最後に言っておくが、このメールは雄太の体を借りて、雄太のパソコンを使ってお前に送信した。徹、長生きしろよ。私はお前といつも一緒だ。 勇一より

 コンビニ強盗事件の方は、それから1か月後に犯人が検挙された。検挙された男は暴走族グループの一員で、事件のあったコンビニに以前、働いていた元従業員であった。この元従業員は、現金を奪った後、走って逃げ犯行現場から100メートルほど離れた国道バイパス沿いにあるコンビニに止めてあった車に乗って逃走したという。しかし、自販機荒らしの犯人は、今も検挙されていない。(了)
(作:橘 左京)

[編集部からのお知らせ]
 小説「視線」は加筆、修正のうえ、後日、ライブライ―の文芸コーナーにアップします。
 4月5日からは小説「朱鷺伝説」を連載します。

posted by 地域政党 日本新生 管理者

小説「視線」(第26回)

2017年4月1日ニュース

「この事件の捜査は進んでいるんでしょうか?」
「正直言って、難航しています。カード情報が盗まれた時点、その情報が不正使用された時点、カード利用者が不正使用されたと認識した時点、これら3つの時点にあるタイムラグ、情報が盗まれた場所とその情報が使われた場所に関連性が無いこと、不正使用が広範囲に及んだこと、物証が限られていること、などが上げられます」
「そうですね。私のカード情報も、いつ盗まれたかも分からなかったし、それに住んだこともなければ、行ったこともない兵庫県内のコンビニ店で使われましたからね。私の場合、カードの利用明細書を見て、身に覚えのない支払いがあることに気づきましたからね。なかには気付いていない人もいるんじゃないでしょうか
「考えられますね。今回被害に遭った信販会社では、会員に利用明細をチェックするように注意喚起のお知らせをしたそうですが、今後、被害届は増えてくるものと考えています」
「先ほど物証が限られているというお話がありましたが、どういうことですか?」
「今確認されているのは、コンビニのATMとつながった信販会社のコンピューターに記録されている支払い記録と、コンビニに設置されている防犯カメラに記録されている出し子の映像です。ただし、記録された映像は1か月経つと新しい映像に上書きされるので残っていませんでした。犯罪グループが、『エニータイム』を犯行場所に選んだ理由は、防犯カメラに記録された映像の保存期間が他のコンビニチェーン店よりも短かった点が挙げられます」
「犯罪グループは、綿密な調査と周到な計画を立てて実行したんですね」
「おっしゃるとおりです。実は、今日、野上さんをお尋ねした本当の理由は、新たな物証を得るためです」

「新たな物証?」
「不正引き出しに使われた偽造カードです。通常カードをATMに入れると、機械はそのカードが正規のものか非正規のものかを瞬時に判別して、非正規のものであれば飲み込んでしまうんです。キャッシュカードの暗証番号を3回間違えると、カードが機械に飲み込まれてしまうのと同じ仕組みです。しかし、今回、犯罪に使われた偽造カードは機械に飲み込まれることなく、カード情報を読み取った後、機械から排出され、出し子の手元に戻ったと考えています。しかし、その偽造カードを野上さんがお持ちだという情報提供があったのです」
「ええ!私が偽造カードを持っているって!?私が偽造カードで不正引き出しをしたってことですか!」男は興奮気味に言った。
「いいえ、そうじゃないんです。野上さんはプランターでミニトマトの栽培をしていますよね。先ほど見たら赤い実が何個か付いていましたが……」
「はい、孫娘の食育にと春から始めたものですが……」
「そのプランターの中に、プラスチック製の真っ白なカード、大きさは名刺大のものですが、見つけたと思いますが……」
「刑事さんはどうして、そのことを知っているんですか?」
「後でお話します」
「分かりました。確かにプラスチック製の白い板を見つけました。カードの表面には文字などの意匠が施されていない、のっぺらぼうの板でした。カードの中央付近には金色の枠、たぶんICチップだと思いますが、はめ込まれていました。ICチップに記録されている情報を見ようと、カードリーダーに入れてみましたが、情報は読み取れませんでした」
「野上さんはそのICカードを今でもお持ちですか?野上さんの部屋の本棚に保管しているそうですが……」
「どうしてそんなことまで、刑事さんは知ってるんですか?」
「後でお話します」
「ちょっと待ってください。今、そのカードを持ってきます」男は2階の自室から白いカードを持ってきて、刑事に渡した。刑事は白いカードを手に持って言った。
「野上さんがこのカードを見つけたのは、1か月半ほど前だったと思いますが…」
「そこまでご存知なんですか。刑事さんの言うとおりです。土曜日の深夜、暴走族が爆音を上げて通りを走った日の翌々日、月曜日だったと思います。しかし、どうして私しか知らないことを刑事さんは知っているんですか?私がその偽造カードを所持していることを警察に伝えた情報提供者って、いったい誰なんですか?」
「野上勇一さんって方です。あなたのお兄さんだそうですね。勇一さんから、あなたが偽造カードを持っているという連絡がありました」
「ええ、勇一だって!そんな事あるわけないですよ!勇一は私の一番上の兄ですが、14歳の時に水の事故で亡くなりました。もう50年も前の話ですが……」
「そうですか。情報提供者は偽名を使ったんでしょうか。いずれにせよ、大事な物証ですから、このカード、お預かりします。また、何かありましたら、こちらにご連絡ください」
 刑事は男に名刺を渡して帰って行った。
(作:橘 左京)

posted by 地域政党 日本新生 管理者