ブログ

育メン政治家の育児レポート(第82話)~明日はハロウィーン(Halloween) ウサギ、「Trick or Treat (トリック・オア・トリート)」ってなあに???

2015年10月30日ニュース

 明日10月31日はハロウィーン(Halloween)です。ウサギが通うタンポポ幼稚園では毎週、英語のレッスンがあって、英語の先生からハロウィーンにちなんだ言葉を習っているようです。先日の夕食時にウサギからハロウィーン(お化けの日?)についてのレクチャーを受けている時に、ウサギの口から突然出た「Trick or Treat (トリック・オア・トリート)」という言葉に私も妻も(*_*)「???」

 早速、ハロウィーンについてネットで調べました。
 ハロウィーンは毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りが起源で、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でしたが、現代では特にアメリカ合衆国では祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなって、今では民間行事として定着しています。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れて、お菓子をもらったりする風習などがあります。子供たちが「Trick or Treat (トリック・オア・トリート)」 という言葉(直訳では「いたずらか、お菓子か」で、聞いている側としては「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ」というニュアンスに聞こえる言葉)を唱えながら家々を訪ね、菓子を集めて回る習慣があるそうです。(出典:ウィキペディアフリー百科辞典)

 妻が調理したかぼちゃの煮物を残して大好きなグミ(お菓子)をせがむウサギにママの逆襲。「ウサギ、かぼちゃを全部食べないと、お化けになって出てくるぞ」(写真右)
(あとがき)
 写真(右)は知人から頂いた柿でした。中国で作られている柿で日本の柿の約2倍の大きさです。「ジャック・オー・ランタン」を作ろうと、家畜の飼料用に使う大きなかぼちゃを探していましたが、なかなか手に入らなかったため、ジャンボ柿で代用しました。このジャンボ柿は残念ながら渋柿です。そのままでは食べられません。はてさて、どうしたものやら
(代表 天野 市栄)

posted by 地域政党 日本新生 管理者