2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログ

育メン政治家の育児レポート(第65話)~「海の日」にウサギと水族館に行ってきました。

2015年7月23日ニュース

 天気が良ければ近くの海岸に海水浴に行く予定でいましたが、朝方の空は雲が広がっていたので、海水浴は次回に譲ることにして、いつも行く水族館に出掛けました。水族館の駐車場はたくさんの車で混雑していました。車から降りた大勢の親子連れが水族館の入り口に向かっています。もしかして、私たちと同じような海水浴から水族館に変更した家族連れもいたかもしれません。

 水族館に入ると最初に目にするのが、熱帯の海中を模した大水槽です。高さ1メートル程の台の上に深さ50センチ程、縦横1.5メートル程の水槽が設置されています。水槽の岩場にはサンゴやイソギンチャクなど熱帯の海に生息する水生生物が配置されています。その水生生物の間を赤、青、黄、橙、緑色などの色鮮やか小魚がゆったりと泳いでいます。
「ウサギ、クマノミだ。」(パパ)
「ウン。キレイ。ほら、あそこに赤いエビもいるよ。」(ウサギ)
ホワイトソックスです。足の半分が白い靴下をはいたようになっていることから名付けられたのでしょうか。ひげを小刻みに動かすしぐさがとても愛くるしいですね。そういえば、私がペーパークラフトでよく利用する「キャノンクリエイティブパーク」に「水族館シリーズ」というコーナーにクマノミやホワイトソックスがあったことを思い出しました。家に帰ったら作ってみようかな。出来上がったら皆さんにもお見せします。*写真は熱帯の海でスクーバダイビングを楽しむ「ごずっちょ」(阿賀野市ご当地キャラクター)です。今日みたいに暑い日は熱帯の海に潜ってみたいですね。(パパが先日の熱帯夜に見た夢でした。)

 今日も午前中から気温が上昇しているようです。「熱中症に注意してください。」との館内放送が時々流れます。間もなくイルカショーが始まります。その前に売店でかき氷を買ってきます。「ウサギ、今日は何色?」(パパ)「今日は黄緑だよ。」(ウサギ)黄緑はメロン味です。かき氷の入ったカップを持ってスタンドに向かいます。本日最初のイルカショーなのでスタンドは大勢の観客で席が埋まっています。空いている席を見つけて着席。さっそくウサギはかき氷を口に入れます。「ウサギ、この前みたいに急いで食べると体が冷えて唇が紫色になるぞ。」(パパ)「大丈夫だよ。」(ウサギ)イルカショーが始まりました。イルカがジャンプして中央上部に吊るしてある赤いボールにタッチするシーンがありますが、前回見た時は残念ながら高さがわずかに足りなくてボールにタッチできませんでしたが今回はどうかな。イルカがジャンプして赤いボールにタッチしました。観客席から「わー」という大きな歓声が上がります。「見事。」(パパ)「やったー。」(ウサギ)

 お昼頃から青空が広がり夏空になりました。水族館からの帰りは海岸線を通ることにしました。沿線の海水浴場ではビーチパラソルが見えます。浮き輪を付けた子どもたちが海水浴を楽しんでいます。「ウサギ、今度は海水浴に行こうね。」(パパ)「うん」(ウサギ)
(代表 天野 市栄)

posted by 地域政党 日本新生 管理者