2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

ブログ

育メン政治家の育児レポート(第46話)~今年初めて「よこごし公園」に行ってきました。

2015年4月30日ニュース

 先日、暖かい春の陽気に誘われて「よこごし公園」に行っていました。昨年の晩秋以来です。ウサギの通う「たんぽぽ幼稚園」(仮称)の役員になったママが、午前中に役員会があるということなので、半日コースでウサギを連れて行きました。隣町にある児童公園ですが、車で約15分の至近距離にあるので、妻ともどもよく利用しています。公園の詳細についてはこちらのブログを参照してください。

 「新しい、広い、遊具が豊富」ということもあり大勢の親子連れで賑わっています。普段、街の中では子どもの遊ぶ姿を見ることはほとんどありませんが、ここは子ども王国です。さっそく砂場に直行です。家から持ってきたバケツ、じょうろ、スコップ、クワなど砂遊びの7つ道具を広げて、さあ始めましょう。「ウサギ、なに作るの。」「パパ、イチゴのショートケーキをつくろうよ。」「ウサギ、食いしん坊だな。パパ、バケツに水を汲んでくるよ。」砂に水を含ませて固めやすくします。ショートケーキの形はできました。さて、肝心のイチゴがありません。「困ったなー。そうだオレンジ色のふたを使おうよ。」赤いふたはありませんが、オレンジ色のふたならあります。これで代用します。最後に生クリーム代わりに乾いた砂(白)をかけて出来上がり。

 次にウサギが向かったのがアスレチック風の大型遊具です。滑り台に挑戦。「ウサギ、順番だよ。」あれ、面白い滑り方だな。うつぶせの姿勢で滑り降ります。「ウサギ、もうお昼の時間だよ。ママがウサギの好きなスパゲッティを作って待っているよ。」
(あとがき)
 ウサギの遊びも少しずつ進化(高度化)しているように感じる。昨年、この公園の砂場で作ったものいえば、スコップで砂を盛って作る山とかプラスチックの型に砂を詰め込んでつくる造形など単純なものが多かったが今回は少し違う。創作力が働いているようだ。うつ伏せ姿勢の滑り方もそうだ。ウサギは新しいことにチャレンジすることに喜びを感じているようだ。私もウサギを見習いたい。
(代表 天野 市栄)

posted by 地域政党 日本新生 管理者