ブログ

2012阿賀野市長選挙、市議補選を終えて(代表メッセージ)

2012年4月23日ニュース

 4月22日執行の阿賀野市長選挙、市議補選が終わった。我が地域政党「日本新生」から擁立した市長選挙及び市議補選公認候補は敗北した。結果は以下のとおり。
○市長選挙
当10,335 田中 清善氏 無新
  7,887 雪 正文氏 無新
  7,195 天野 市栄 諸現
○市議補選
当 8,832 市川 秀敏氏 無新
当 6,403 本田 秀人氏 無新
  5,390 山田 早苗氏 共新
  3,899 稲村 健児 諸現

 選挙結果については厳粛に受け止める。しかし、我が地域政党「日本新生」が掲げる政治理念・信条や政策までも否定されたとは考えていない。全体最適化(全体の利益最大化)よりも部分最適化(一部の利益最大化)を優先するポピュリズム(大衆迎合)の壁に改革が阻まれたのである。

 大衆は、配分すべき原資(税収)が少なくなっているにも拘わらず、足りなければ借金をして原資を増やせばよいと、税収が潤沢にあった頃の配分額を要求する。その借金のつけは子供達など将来世代が背負うことになる。そのことを知ってか子供の数は確実に減っている。子供1人当たり背負い込む借金は確実に増えている。「今良ければそれでよい。自分さえよければそれでよい。」と利他よりも利己を優先する風潮が広まっていることを憂慮する。このまま手をこまねいていれば、この国は確実に破たんする。

 次代の改革の志士を養成するまでの間、地域政党「日本新生」の活動を休止する。

(代表 天野市栄)

posted by 地域政党 日本新生 管理者