2020年9月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ブログ

育メン政治家の育児レポート(第80話)~明日は十五夜 中秋の名月は見れるかな

2015年9月26日ニュース

 「うさぎ うさぎ なに見てはねる 十五夜お月さま 見てはねる」(童謡)

 澄み渡る秋の空。お月見にぴったりの季節となりました。お月見といえば「十五夜」(「満月」のこと)を思い浮かべますね。満月は年に12回、13回巡ってきます。なかでも旧暦の8月15日は1年の中で最も空が澄みわたり月が明るく美しく見えるため「中秋の名月」と呼ばれ、平安時代からお月見の宴が開催され、江戸時代から収穫祭として広く親しまれるようになりました。

 さて、明日(27日)は旧暦の8月15日にあたる日です。私が住んでいる新潟県下越地方の明日の天気は「 晴時々曇」の予想です。中秋の名月が期待できるかな?ウサギとペーパークラフト(写真)を作りながら、ふと、私の子どもの頃に体験した十五夜の情景を思い浮かべました。ススキを花瓶にさして、柿や梨などの季節の果物と団子を器に盛り付けそれらを縁側に飾って、十五夜のお月さまを眺めた記憶が思い出されます。四季の移り変わりがはっきりしている日本では、各地で季節に合わせた年中行事が行われていますが、最近では家で行われる年中行事が簡素化され、やがては消えて無くなっていくのを見るにつれ一抹の寂しさを感じます。

 「ウサギ。明日、ママと十五夜の団子を作るって、ほんと?パパ楽しみにしているよ!」(食いしん坊のパパの独り言)
(代表 天野 市栄)

 

posted by 地域政党 日本新生 管理者