2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログ

クラウドファンディングを始めました!第3号

2024年5月15日トピックス

  モノ言う元市議、闘う元市議

 前回号に引き続いて、「市長交際費(弔慰)の支出に関する部分情報公開決定に対する取消訴訟」(令和5年8月17日付けで提訴、令和5年(行ウ)第8号 公文書一部非公開決定取消等請求訴訟)事件についてお伝えします。
 本事件は令和5年8月17日付けで新潟地方裁判所に提訴しました。主な請求の内容は、①原告(私)が行った情報公開請求に対し、被告(市)が行った情報部分公開決定のうち、現・元公職者の氏名と香典の支払先である喪主の氏名を非開示とした部分の決定を取り消す、②被告(市)は、原告(私)の情報公開請求に対して非開示とした部分を開示せよ、というものです。
 私は、市長交際費から支出される弔慰(香典)40件について、支払証明書(写し)の交付請求を行いました(令和5年2月22日付け)。同年3月7日付けで、情報部分公開決定通知書が届きました。支払証明書(写し)には、「金額」「件名」「支払先(相手方)」「支払日(行使日)」「支払行使者(出席者等)」の5つの記入項目があって、「件名」欄には死去した公職者の肩書は明示されていましたが氏名は墨塗されていました。また「支払先(相手方)」欄は「喪主●●●●様」とあり、喪主の氏名は墨塗されていました。なお、「支払行使者(出席者等)」欄には現職の秘書担当課長の役職名と氏名が記載されていました。
 今回の情報公開請求で非開示となった公職者の氏名と喪主の氏名について、40件中1件について、公職者の氏名と喪主の氏名が市の広報誌「広報あがの(令和5年7月号)」で公表されている事実が判明しました。内容は同氏(故M.K氏)に対し叙位・死亡叙勲が授与されたことを伝える内容です。また、同氏が死去した事実は「広報あがの令和5年2月15日おしらせ版」の「おくやみ」欄にも掲載されています。市の広報誌のお悔やみ欄には、市内に住所を有する方(市民)が亡くなった場合、氏名、死去した日付、年齢、居住地が掲載されます。更には、地元紙(新潟日報)でも、氏名、年齢、居住地が掲載されます。政治家や文化人など著名な方の死去に際し、葬儀情報などを広くお知らせするために新聞広告を出す喪主の方もいるほどです。市が死去した公職者の氏名を殊更、非開示にする理由が分かりません。何か別に意図があるのだろかと勘繰りたくなります。
(あとがき)
 上記で紹介した故M.K氏は、私が市長時代に親交のあった方(旧安田町会議員)で、同氏の葬儀が営まれたのは令和5年1月下旬頃であったと記憶している。コロナ禍もあって葬儀は家族葬であった。通夜は親族のみで営まれ、私のような一般弔問客には一般焼香の時間帯が設けられていた。私は喪主に私名義の香典を渡し御霊前で焼香して帰った。この葬儀にも市長交際費(香典・供花)が支出されている。この時の香典は誰が持参したのか。支払証明書(写)の「支払行使者(出席者等)」欄には現職の秘書担当課長の役職名と氏名が記載されていた。市長ではなく、この職員が香典を持参したということか。

     【クラウドファンディングの創設について(お知らせ)】

趣旨・目的】  私が提訴している「市長交際費(弔慰)の支出に関する部分情報公開決定に
         対する取消訴訟」、「市長交際費の支出(弔慰)に関する民監査請求結果に
         対する取消訴訟」の2件に係る訴訟費用の調達

【目標額】    100万円

【寄附金額】   1口1万円から

【連絡先】    n.shinsei@mbr.nifty.com(地域政党日本新生メールアドレス)
         ※上記連絡先にメール送信される場合は、御氏名、御住所、寄附金額(口数)を
          明記してください。追って振込手続きについてご案内させていただきます。

【その他】    ご寄附いただいた方へのお礼として、私(ペンネーム橘左京)の文芸作品
        (小説・エッセーなど)を定期的に配信させていただきます。ブログ読者の皆さまの
         ご厚志をお待ちしています!

 

posted by 地域政党 日本新生 管理者