2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ブログ

阿賀野市長選挙に立候補します!№10

2024年3月13日ニュース

  市民ファースト! 市民目線の市政を実現します。

 ブログ読者の皆さん、こんにちは。
 4月に行われる阿賀野市長選挙について、問題提起します!
 「自己都合による議員辞職の結果、補欠選挙が行われることになり、900万円余りの血税が使われるはめに。果たして市民の理解が得られるのか?」

 4月の市長選挙に立候補を予定している加藤博幸氏は昨年12月末日で議員辞職した。加藤氏が議員辞職したことにより、市議会議員の定数(16人)に欠員(1人)が生じ、市長選挙に併せて行われる市議会議員の補欠選挙が(欠員1人)が行われることになった。補欠選挙を執行するための経費が約900万円(※)。全て税金で賄われる。
※令和6年2月8日開催臨時会 令和5年度補正予算 市議会議員補欠選挙費 2,017千円(A)
 ⇒2/8日承認
 令和6年2月27日~3月15日開催3月定例会 令和6年度一般会計当初予算 市議会議員補欠選挙費 7,147千円(B)
 ⇒現在審査中(3/15日可決)       A+B=9,164千円

 加藤氏は私と同様、令和2年10月の阿賀野市議会議員選挙で初当選した1期生。加藤氏は4月に行われる阿賀野市長選挙に立候補するため、昨年12月末日で議員辞職した。「退路を断って市長選に臨む。」と言えばカッコよく聞こえるが、加藤氏が自己都合で議員辞職した結果、補欠選挙が必要になり、そのための経費として約900万円もの血税が使われるはめになった。

 阿賀野市では、オリンピックイヤー(今年はパリ五輪)の4月に市長選挙が行われ、半年後の10月に市議選挙が行われる。4月の市長選の執行に併せて行われた市議の補欠選挙(いわゆる便乗選挙)は過去2回あった。

 4年前の2020年(令和2年)4月の補欠選挙では欠員3であった。欠員が生じた事由は、任期中に死去した2人と市長選に立候補するために前年12月末日で議員辞職した1人を加えた3人を補充するために行われた。
 また、12年間の2012年(平成24年)4月の補欠選挙では欠員2であった。欠員が生じた事由は、任期中に死去した1人と市長選に立候補するために前年12月末日で議員辞職した1人を加えた2人を補充するために行われた。

 今回、行われる補欠選挙は過去2回の補欠選挙(2012年、2020年)とは事情が全く異なる。過去2回行われた市議の補欠選挙は任期中に死去した議員の欠員を埋めるのが主目的で、そこに市長選挙に出馬するために議員辞職した1人を加えて行われた。
 しかし、今回の補欠選挙は加藤氏が市長選挙に出馬するために議員辞職したことにより欠員(1人)が生じたために行われる。自己都合で議員辞職した加藤氏のために税金900万円余りを使って補欠選挙が行われることになったのだ。

 加藤氏は議員辞職する必要がなかった。議員の身分のまま市長選挙に立候補をすれば、立候補した時点で議員の身分を失う(「自動失職」という)。10月に市議選(本選)欠員状態のままで市議会が運営され、10月に行われる市議選によって議員定数(16人)が満たされる。

posted by 地域政党 日本新生 管理者