2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

ブログ

阿賀野市長戦に向けた政策素案(ver3)ができました!(市長戦短信Vol.4)

2020年3月4日ニュース

  

 市長選(市議補選)告示日まであと41日。地元紙によれば、新潟県内でも新型コロナウイルスの感染者が5人になりました。全国では999人の感染者が確認されています(3日現在)。県内感染者5人のうち3人が新潟市です。県都新潟市に隣接する阿賀野市。感染拡大が心配です。新型肺炎(新型コロナウイルス)の感染拡大に伴い、大規模イベントや集会が中止に追い込まれています。安倍総理の唐突な小中高校の全国一斉の臨時休校が波紋を呼んでいます。学校現場は大混乱。商業施設も集客が激減、閑古鳥が鳴いているようです。感染予防に必要なマスクや消毒液が薬局から無くなり、全く関係のないトイレットペーパーも品薄状態となりました。読者諸氏の提言を受けて、日々・刻々と進化する政策素案。前回号(VOL2)でお知らせした政策素案の一部を改訂しました。主な改正点は次のとおりです。(選挙スタッフX)

【主な改正点】
 あがの市民病院の常勤医師を確保するため、「医学生奨学資金貸付制度の復活」を追加

【阿賀野市長選 政策素案ver3】
 政策素案ver3 

※次号から政策素案の解説を行います。

(あとがき)
 先日、読者から「市民ファースト」って「都民ファースト」のパクリじゃないですか、とのメールを頂きました。正直、その通りです。ご存知のように「都民ファーストの会」は、都議会では小池百合子東京都政の最大与党(第一会派)です。小池氏は4年前の2016年7月の東京都知事選挙で、一番最後に立候補を表明したにもかかわらず、自民党推薦の増田寛也らを大差で下して当選しました。都知事に就任した小池氏は、地域政党として「都民ファーストの会」を立ち上げ、自身は代表に就任しました。翌年7月に行われた都議会議員選挙で「都民ファーストの会」が過半数の議席を獲得し第一会派となりました。小池氏はその後、代表を退き現在は特別顧問となっています。「後出しジャンケン」で有名な東京都知事選挙。阿賀野市長選挙では天野代表が一番最後に立候補を表明しました。果たして結果は如何?市長選挙が終わって半年後に行われる市議選はどうなるか?阿賀野市長選挙(4月)・市議会議員選挙(10月)においても都知事選・都議選のような現象が起こるのか注目です。
(選挙スタッフX)

posted by 地域政党 日本新生 管理者