ブログ

政局短23.2~なぜか気になる田中清善阿賀野市長の最終学歴(その2)

2016年4月26日トピックス


写真左:全国紙Y紙新潟支局に送った筆者の大学卒業証書の写真  写真右:阿賀野市選挙管理員会が発行した選挙公報

 大学の卒業証書をもらってからもう35年も経つが、新潟県庁に就職が決まって喜んだ父親が卒業証書を入れる額縁を買ってくれた。早速、卒業証書を額縁に入れてみたが、証書が少しはみ出たことから額縁に合わせるため証書の端を切って入れたことを覚えている。それだけに私にとっては思い入れの強い宝物だ。全国紙のY紙新潟支局の担当記者に卒業証書の画像を送信した数日後、その担当記者から調査表の内容についての電話照会があった。その際に卒業証書の画像が届いていることを確認したら、届いているとの回答だった。田中市長の大学卒業証書の写真について尋ねたところ、田中市長からは「(卒業証書が)手元にないので(早稲田)大学に確認してくれ。」との返事だったそうだ。田中市長は現在、生まれ育った生家に住んでいる。私の場合もそうだが、大学の卒業証書は生家に大事に保管してある。田中市長の生家が火災に遭ったという話も聞かない。卒業証書は、転勤に伴う引っ越しで引っ越し先に持って行く代物でもない。生家にあるはずの卒業証書がないというのはどういうことか???気になりつつも10日から選挙戦が始まったことからそちらに全力投入となった。※次号に続く。
(代表 天野 市栄)

 

posted by 地域政党 日本新生 管理者